PhotoBlog いつもカメラを持って

2018 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

背割堤の桜並木 (2)

2018/04/06(Fri) 16:00
今年の桜は咲くのが早かったけれど、散るのも早いですね。撮り貯めも沢山あるのでもう少しUPを続けたい

と思います。まだ山間部などはこれからという所もあるので、まだあきらめず桜を追っかる気になっています。



背割堤3



背割堤5



pentax k-x af tamron 18-200mm xr di2 pl
京都府八幡市  背割堤


コメント:2 トラックバック:0

背割堤の桜並木

2018/04/04(Wed) 18:00
木津川と宇治川に挟まれた背割堤の桜並木、全長1.4km 250本の桜はスケールの大きさでは他に類を見ないほど、

桜一本一本の樹が背が高くて巨木なんです。近年人気が高く平日でも人出が多く、撮影には早朝からがお勧めです。



背割堤a



背割堤2



pentax k-x af tamron 18-200mm xr di2 f:3.5-5.6 pl
京都府八幡市  背割堤の桜並木


コメント:0 トラックバック:0

夕映えのサクラ (2)

2018/04/03(Tue) 00:00
今年は満開時期の花を散らす雨や強風がなく晴天続きの天候に恵まれました。平凡な身の周りにある

サクラでも、ライトアップではない日没寸前の陽に照らされ紅く映えて見違えるような姿を見せてくれました。



大住の桜10a



大住の桜12a



olympus epl-1 m.zuiko 14-42mm f:3.5-5.6
京都府京田辺市大住  虚空蔵谷川、大住ケ丘緑道


コメント:0 トラックバック:0

夕映えのサクラ

2018/04/01(Sun) 00:00
日が沈みかけると色温度が下がり、太陽光が赤みを帯びて花弁が紅色に染まり始める。東の蒼空には月がくっきりと浮かぶ。

満開とはいえないサクラも夕日に映えて、月と花と空のコントラストを古いミラーレスカメラとレンズでよく捉えてくれました。



大住の桜08_edited-1



大住の桜11_edited-2



olympas epl-1 m.zuiko 14-42mm f:3.5-5.6
京都府京田辺市大住 虚空蔵谷川、大住ケ丘緑道


コメント:0 トラックバック:0

枝垂桜 (2)

2018/03/30(Fri) 09:49
シダレザクラはソメイヨシノのような豪華な華やかさはないが、上品で優雅な姿は見ていて心が和みます。

寺院の境内に植えられているため、樹の下で飲酒飲食して騒ぐ人もなく静かな雰囲気でサクラを楽しめます。


地蔵禅院02



nikon d300 af-s nikkor 18-200mm ed vr g f:3.5-5.6 dx
京都府綴喜郡井手町  地蔵禅院


コメント:0 トラックバック:0
Next Home  Prev

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター