PhotoBlog いつもカメラを持って

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

FILM CAMERAで (2)

2017/05/29(Mon) 00:00
日の出前から撮りたかったのですが、到着時もう笠ヶ岳頂上付近は朝陽に輝いていました。忙しくカメラをセットし慌てて何カットか

撮ったうちの一枚です。当時pentax645の写りは素晴らしく、以後pentax67は重さも半端じゃなく使用すること殆どなくなりました。


朝の新穂高01a



pentax 645 smcpentax-a 645 55mm f:2.8 rdpⅢpl
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂  防災へリポート横駐車場付近




スポンサーサイト
コメント:0 トラックバック:0

FILM CAMERAで

2017/05/27(Sat) 00:00
リバーサルフィルムからのストック写真なので、随分前の作品です。まだデジカメが無かったように記憶していますが当時のリバーサル

フィルムではFUJI RVPの発色が風景写真に最適という評価され、風景を撮るアマチュアからプロまでこのフィルムを使っていました。


乗鞍(春)01



nikon f4 af nikkor 28-105mm d f:3.5-4.5 rvp pl
長野県松本市安曇 乗鞍高原牛留池


コメント:0 トラックバック:0

可憐な山の花

2017/05/25(Thu) 00:00
鈴鹿の山を滋賀県土山町から三重県側菰野町へ抜けるR477は鈴鹿スカイラインと呼ばれる山岳道路。武平トンネルの手前からは御在所岳への

登山口(標高815m)、頂上まで約1時間30分のコース。標高1000m付近から登山道脇には可憐な花が咲き、登山者の目を楽しませてくます。


ハルリンドウ(別名 タテヤマリンドウ)

ハルリンドウ1


イワカガミ

イワカガミ02



nikon d70s tokina 100mm macro f:2.8
滋賀・三重県境  鈴鹿連峰御在所岳



初夏の花 コメント:2 トラックバック:0

初夏を彩る (2)

2017/05/23(Tue) 00:00
燦々と陽を浴びて生き生き輝く花たち、美しい色彩に溢れその姿に見惚れてしまいます。しかし強い初夏の陽射しは花を撮る条件と

してはコントラストが強くてマイナスですね。「RAW現像+photosop cs」で私流に画像調整していますが、使いこなせていません。


ヒルザキツキミソウ

ツキミソウ1


オオムラサキツユクサ

ツユクサ1a



sony nex-5 af nikkor 28-105mm d f:3.5-5.6 pl
京都市左京区下鴨半木町  府立植物園


初夏 コメント:0 トラックバック:0

初夏を彩る

2017/05/20(Sat) 00:00
爽やかな五月晴れの日、花を愛でながら植物園を歩く。木々は緑溢れ目に優しい彩り、花壇はいろんな花が咲き誇って

眩しいばかり。季節は春から夏へ向かう時期、花は咲き乱れ植物園は一年で一番華やいだ季節感に溢れていました。



ハナビシソウ(別名 カルフォルニアポピー)

ポピー1



セイヨウオダマキ

オダマキ1




sony nex-5 tamron 28-70mm 3.5-4.5
京都市左京区下鴨半木町  府立植物園




四季の花 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター