PhotoBlog いつもカメラを持って

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

夕暮れ時 (2)

2016/08/06(Sat) 19:32
対岸の町が黄昏色に染まる頃、関空A滑走路に着陸態勢に入ったANA旅客機。

京都郊外の田舎町に住む私にとって非日常的な光景に見えました。



暮色(関空)01



nikon d300 af-s dx nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6pl
大阪府泉佐野市泉州空港北 関西国際空港


スポンサーサイト
ヒコーキ コメント:0 トラックバック:0

夏空

2016/07/27(Wed) 20:57
夏の入道雲とヒコーキとの組み合せ風景です。A滑走路にあるSky View関空展望デッキから、B滑走路へ着陸態勢に入る

ヒコーキを撮っていましたが、夏の青空に入道雲が沸きあがりヒコーキよりも夏空風景が主役なってしまいました。



夏空(関空)05



nikon d300 af-s dx nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6pl
大阪府泉佐野市泉州空港北 関西国際空港



ヒコーキ コメント:0 トラックバック:0

黄昏色

2015/07/27(Mon) 00:00
昼間の暑さが和らぐ頃、着陸するヒコーキを眺めながら涼を求めるカップルや飛行機マニアたち。超低空で侵入してくる

旅客機の轟音とその姿は迫力そのもの、黄昏色に染まりはじめた千里川堤防はなぜかロマンチックな雰囲気が漂う。



黄昏ITM01a



黄昏ITM02a



Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mm ED VR F:3.5-5.6
大阪府豊中市原田中 伊丹空港32L滑走路エンド(千里川堤防)

ヒコーキ コメント:0 トラックバック:0

行く夏

2013/09/03(Tue) 00:01
9月に入ってから雨が続いて、あの酷暑から解放されました。天気予報では暫らく

太陽は拝めないようです。あの暑さが無ければそれもいいかなと思う。でも、真っ白な

湧きたつ雲や青い海など、被写体に事欠かない夏が去ってゆくのはちょっと寂しいですね。



kanku04.jpg



kanku08.jpg



Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mmED VR PL
大阪府泉佐野市、泉南郡田尻町、泉南市   関西国際空港

ヒコーキ コメント:2 トラックバック:0

千里川土手

2011/07/04(Mon) 00:00
伊丹空港に着陸するため、頭上間近を轟音とともに通過する旅客機。

滑走路南側を流れる千里川の土手から、その旅客機を間近くで見れる絶好のポイント。


旅客機3



旅客機1




NikonD300 AF Nikkor VR18-200mm
大阪府豊中市原田中  千里川土手

ヒコーキ コメント:2 トラックバック:0

夕暮れ(千里川土手)

2009/06/10(Wed) 14:31
伊丹空港の南端にある千里川土手は、ヒコーキマニアには有名な所。
超低空で滑走路に進入してくるヒコーキが、頭上を通過する様子は
まさに迫力満点。

この日は曇天で撮影日和とは言えなかったが、日が暮れはじめたころ、
西の空が急に夕焼け雲に変わっていった。

日が暮れる直前のわずかな時間、夕暮れ空の変化を見せた千里川の土手である。


DSC夕暮れ02
NikonD300 VR18~200mm


DSC夕暮れ01
NikonD300 VR18~200mm



DSC夕暮れ03
NikonD300 80~200mm


DSC夕暮れ04
NikonD300 80~200mm


DSC夕暮れ05
NikonD300 VR18~200mm
ヒコーキ コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター