PhotoBlog いつもカメラを持って

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

夜明けの五色ヶ原

2017/08/11(Fri) 00:00
剣御前小屋から立山大汝山、雄山、一の越、竜王岳、獅子岳、ザラ峠のコースを経て五色ヶ原に至ります。以前に来たときは針ノ木雪渓から針ノ木峠を

超え黒部湖を渡船で渡り刈安峠から五色ヶ原に至る(途中針ノ木小屋に一泊)というコースでした。登山者に出合うことは稀で静かな山旅でした。


五色ヶ原01



mamiya press 69 sekor 90mm f:3.5 kodak epr
富山県富山市有峰  北アルプス五色ヶ原


スポンサーサイト
コメント:2 トラックバック:0

荘厳な朝

2017/08/09(Wed) 00:00
紅く染まり始めた空に後立山の秀麗な稜線が浮かび上がる。双耳鋒の鹿島槍と五竜岳の間からオレンジ色の太陽がその姿を現わす。

AE測光などのない完全なマニュアルカメラを操作しながら、待ちわびた荘厳な御来光に出会えた幸運に感謝しながらの撮影でした。


別山からの御来光02



mamiya press 69 sekor 90mm f:3.5 kodak epr
富山県中新川郡立山町  北アルプス別山乗越付近から


コメント:2 トラックバック:0

剣岳夕照 (2)

2017/08/07(Mon) 00:00
「剣岳夕照」パート2です。こちらは35㎜フィルムによるモノクロフォトです。モノクロフィルムの現像とプリントは自宅の暗室(夜居間を消灯

した仮暗室)で行い、現像の上ったフィルムをルーペで見る楽しみは格別でした。さらに印画紙へ焼付けるワクワクする楽しみがありました。


剣岳(剣御前)02



pentax sp super takmar 35mm f]3.5 kodak plasx
富山県中新川郡立山町  北アルプス別山乗越付近から


コメント:0 トラックバック:0

剣岳夕照

2017/08/05(Sat) 00:00
宿泊地の剣御前小屋から別山方向へ少し行った所から眺めた剣岳です。ここから見る剣岳は八ッ峰の岩峰が鋭い鋸状の稜線が目を引きます。

お盆休みが過ぎると登山者がめっきり少なくなり静かな山を味わえた数十年前の山、69判のカメラで一枚一枚丁寧に撮っていたあの頃です。





剣岳(剣御前)01



mamiya press 69 sekor 90mm f:3.5 kodak epr
富山県中新川郡立山町  北アルプス別山乗越付近から


コメント:0 トラックバック:0

夏の思い出 (2)

2017/07/24(Mon) 00:00
霧が柔らく辺りを包み、静寂が支配する尾瀬沼、自生するカキツバタが植物園などで見るよりはるかに美しい。

尾瀬ケ原の水を一気に落とす三条の滝は凄い水量と轟音、「静」と「動」の自然風景を味わえる夏の尾瀬の思い出です。


尾瀬06



尾瀬08



pentax 645 smcpentax645 75mm f:2.8 / smcpentax645 55mm f:2.8 fuji rdpⅢ
群馬県利根郡片品村戸倉 尾瀬沼 / 福島県南会津郡桧枝岐村 三条の滝


コメント:2 トラックバック:0

夏の思い出

2017/07/22(Sat) 00:00
何年前でしょうか梅雨明け前に訪れた尾瀬、幸運にも雨に合わず緑したたる尾瀬の風景を楽しみました。まだ訪れるハイカーも少なく

閑散として辺りは静寂に包まれていました。コースは平坦な木道ですが撮影しながらの行程、随分時間がかかったのを覚えています。



尾瀬05



尾瀬07


pentax645  smcpentax645 200mm f:4 / smcpentax645 55mm f:2.8 fuji rdpⅢ
群馬県利根郡片品村  尾瀬ヶ原


コメント:0 トラックバック:0

夏空に浮かぶ

2017/07/20(Thu) 00:00
八ヶ岳連峰の峰が鋸のように夏空にくっきりと浮かび、右手には南アルプスが雲海の向こうに薄っすらと浮かぶ。

正面には富士山が見えるはずが雲に覆われて姿を隠している。夏のビーナスラインからの雄大な展望風景です。


霧が峰01



霧が峰02



pentax 645 smcpentax645 55mm f:2.8 fuji rdpⅢ pl
長野県諏訪市 霧ヶ峰富士見台辺り

コメント:0 トラックバック:0

紀伊山地を望む

2017/07/16(Sun) 00:00
大台ケ原へ向かう途中の県道40号線(旧大台ドライブウェイ)からの展望です。小雨模様で霞がかっていますが遠くまで視程がありました。

カラーで表せないモノトーンのグラデーションが何となく気に入っています。tri x独特の粒子の荒れが反ってこのシーンに生きているようです。


大台ケ原01


pentax mx smc pentax 45-125mm f:4 kodak tri x
奈良県吉野郡上北山村 県道40号線から

  



コメント:2 トラックバック:0

朝の大台ケ原

2017/07/14(Fri) 00:00
厚い雲に覆われた空に赤みが帯び夜明けの始まり。朝焼け雲が緩やかな尾根を浮かび上がらせる。良い天気とは言えないが、

重い67判カメラに久し振りにネガフィルムを装填してきている。三脚とカメラとかなりの重量、まだ体力があったあの頃を思う、、。


大台ケ原(夏)01



pentax 67 smcpentax67 105mm f.2.8 fuji color 100
奈良県吉野郡上北山村 大台ケ原


コメント:0 トラックバック:0

天女山からの展望

2017/07/10(Mon) 00:00
八ヶ岳連峰の南側に位置する天女山(1529m)の展望台からの南アルプス方面の眺望です。六月中旬の梅雨入り前、朝霞の

彼方に甲斐駒ヶ岳と残雪の北岳が浮かんでいました。南アルプスには足を踏み入れた事がなく食い入るように眺めました。



八ヶ岳山麓07



八ヶ岳山麓06



nikon f4 af nikkor 80-200mm de f:2.8 d pl fuji rdpⅢ
山梨県北杜市大泉町  天女山より


コメント:4 トラックバック:0

初夏の八ヶ岳山麓

2017/07/08(Sat) 00:00
天女山の展望台からは雲海の向こうに南アルプスを望み、右に甲斐駒ケ岳その左向こうには北岳だろうかまだ残雪の山です。

次の画はなだらかな裾野が広がる高原美しの森。レンゲツツジが彩りを添えて初夏の信州の爽やかさ、今も懐かしく甦ります。


八ヶ岳山麓01



八ヶ岳山麓02



nikon f4 af nikkor 28-105mm f:3.5-5.6 d pl fuji rdpⅢ
山梨県北杜市大泉  天女山 / 美しの森



コメント:2 トラックバック:0

FILM CAMERAで (4)

2017/06/10(Sat) 00:00
手前の尾根はかなり雪解けも進んで桜も咲き山麓は春めいていますが、山の上はまだ冬山の様相、五竜岳の秀麗とはいえない

姿は冬山の険しさのようです。この山も私にとって初登頂は春でした。北アルプスはいつも春に登っていた記憶が甦ります。



白馬山麓(春)03



nikon f3 af nikkor 80-200mm ed f:2.8 fuji rdpⅢ
長野県北安曇郡白馬村


コメント:0 トラックバック:0

FILM CAMERAで (3)

2017/06/08(Thu) 00:00
白馬山麓から眺める不帰ノ剣、左から唐松岳、不帰Ⅲ峰、不帰南Ⅱ峰、不帰北Ⅱ峰、不帰Ⅰ峰そして不帰キレット。初めて北アルプスに挑戦した

のが春の白馬従走(唐松岳〜白馬岳〜栂池)、コース一番の難所といわれる不帰ノ剣を麓から眺めながらs39年春の思い出に浸っていました。



白馬山麓(春)02



pentax 645 smcpentax-a 645 200mm f:4 fuji rvp
長野県北安曇郡白馬村



コメント:0 トラックバック:0

FILM CAMERAで (2)

2017/05/29(Mon) 00:00
日の出前から撮りたかったのですが、到着時もう笠ヶ岳頂上付近は朝陽に輝いていました。忙しくカメラをセットし慌てて何カットか

撮ったうちの一枚です。当時pentax645の写りは素晴らしく、以後pentax67は重さも半端じゃなく使用すること殆どなくなりました。


朝の新穂高01a



pentax 645 smcpentax-a 645 55mm f:2.8 rdpⅢpl
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂  防災へリポート横駐車場付近




コメント:2 トラックバック:0

FILM CAMERAで

2017/05/27(Sat) 00:00
リバーサルフィルムからのストック写真なので、随分前の作品です。まだデジカメが無かったように記憶していますが当時のリバーサル

フィルムではFUJI RVPの発色が風景写真に最適という評価され、風景を撮るアマチュアからプロまでこのフィルムを使っていました。


乗鞍(春)01



nikon f4 af nikkor 28-105mm d f:3.5-4.5 rvp pl
長野県松本市安曇 乗鞍高原牛留池


コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター