PhotoBlog いつもカメラを持って

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

北野天満宮 (2)

2018/03/13(Tue) 16:00
梅の名所として有名な京都の北野天満宮。本殿の周りには見頃を迎えた紅梅や白梅が咲き競い

ほのかな香りと公園などの梅林とはまた違った風情が漂う、優雅な早春風景を見せてくれます。


北野天満宮07



北野天満宮08


pentax k-x af tamron 18-200mm xr di2 f:3.5-5.6
京都市上京区御前通今出川上る馬喰町  北野天満宮



スポンサーサイト
コメント:0 トラックバック:0

月ヶ瀬梅林 (梅渓)

2018/03/09(Fri) 00:00
奈良市内中心部から北東に約30kmほどの距離にある月ヶ瀬梅林もれっきとした奈良市内。奈良県、京都府、三重県の県境が

接した山間部と渓谷をなした所にあり、三重県伊賀市内から約15kmほど。奈良市にあって市内中心部からはかなり遠いです。


月ケ瀬02a



月ケ瀬04a



nikon d300 af-s nikkor 18-200mm ed vr dx f:3.5-5.6 pl
奈良県奈良市月ヶ瀬  月ヶ瀬梅林(梅渓)





コメント:0 トラックバック:0

北野天満宮

2018/03/07(Wed) 16:00
北野天満宮の境内一円に梅が植えられ、境内に一歩入ると上品な梅の香りが漂い春の訪れを実感させてくれる。本殿の周りを

巡るだけで十分に梅を堪能できます。他に有料の「梅苑」もありますが、本殿周りの方が情緒があって絵になるようです。




北野天満宮04a



nikon d300 af-s nikkor ed vr dx 18-200mm f:3.5-5.6 pl
京都市上京区御前通今出川上がる馬喰町   北野天満宮



 
コメント:0 トラックバック:0

嵯峨野にて (2)

2018/03/06(Tue) 00:00
大覚寺境内にある心経宝塔を背景にクローズアップの梅、AFでない今ではオールドレンズのマクロで撮ってみました。

手持ちなのでピントを維持するのに苦労しました。最近はAFレンズで楽して撮っていたので随分疲れましたね。



嵯峨野(梅)2




pentax k-x tamron sp 90mm macro f:2.8
京都市右京区北嵯峨  大覚寺境内




コメント:0 トラックバック:0

嵯峨野にて

2018/03/05(Mon) 16:00
梅から始まる花の写真、よい姿をした梅の花を探すことから始めますがこれが結構時間かかります。桜のような華かさがない

ので絵にするのが難しい花だと思っています。撮った割にはボツが多いですが、いい姿の梅の花は優雅さは桜より上ですね。



嵯峨野(梅)02



nikon f4 af nikkor 28-105mm d f:3.5-5.6 fuji rdp3
京都市右京区北嵯峨  大覚寺境内


コメント:0 トラックバック:0

長閑なひととき

2018/03/04(Sun) 00:00
「暑さ寒さも彼岸まで」という諺がありますが本格的な春はまだ少し先、それでも膨らんだ蕾が開花した梅を見ると心和みます。

ミラーレスにオールドレンズを付けて可憐な花を探しながらカメラを向けて、リラックスタイムを過ごす長閑なひととき、、、。



開花梅01



sony nex-5 sigma 70-210mm uc zoom f:4-5.6
大阪府枚方市山田池公園  梅林


コメント:0 トラックバック:0

近場の梅林で

2018/03/02(Fri) 12:00
春めいた陽気が心地よく感じるようになってきた今日この頃、春の声を聞くとやはり花ですね。近場の梅林へカメラを持って

出かけてみました。大阪城のような規模はありませんが、我が家からバイクで10分ほどの距離なので手軽に行ける梅林です。



梅林01a



梅林05a



sony nex-5 e 18-55mm oss f:3.5-5.6
大阪府枚方市山田池公園  梅林


コメント:0 トラックバック:0

月ヶ瀬の梅 (2)

2017/03/14(Tue) 00:00
公園の一角や神社の境内に植えられ綺麗に剪定された梅とは違って、自然まま育てられ周りの風景に溶け込んでいるのがいいです。

山の中腹や稜線を歩くコースもあって、眼下にダム湖を見晴らせる高台もあり「街中の梅林」とは違って雄大な風景を満喫できます。




月ヶ瀬08



月ヶ瀬05



nikon d70s af-s nikkor 18-70mm ed f:3.5-5.6 pl
奈良県奈良市月ヶ瀬  月ヶ瀬梅渓



コメント:0 トラックバック:0

月ヶ瀬の梅

2017/03/12(Sun) 00:00
「月ヶ瀬梅渓は、日本の名勝第1号です。渓谷沿いに梅の木が広がり、渓谷の間を流れる川と梅が見せる風景美は秀逸です」。

奈良県庁/観光プロモーション課HPより。 月ヶ瀬梅渓の範囲はかなり広く、1回だけでは全体を把握できないくらいの広さです。



月ヶ瀬03



月ヶ瀬06



nikon d70s af-s nikkor 18-70mm ed f:3.5-5.6 pl
奈良県奈良市月ヶ瀬  月ヶ瀬梅渓






コメント:0 トラックバック:0

後楽園梅林にて

2017/02/22(Wed) 00:00
もう盛りは過ぎていましたが、見栄えの良いもの探しながら歩くのも楽しいものです。確かにカメラ目線というファインダーで

物を見ると幾とおりもの見方ができるのですが、、、うまく撮れていませんね。カメラが無かったら、さっさと通り過ぎたでしょうか。



岡山後楽園02



岡山後楽園01



nikon d300 af-s nikkor 18-300mm ed vr f:3.5-5.6
岡山県岡山市北区後楽園1-5 後楽園梅林




コメント:0 トラックバック:0

もう満開、、、

2017/02/18(Sat) 00:00
今年の梅の開花はかなり早いようです。今日も(2/17)四月を思わせるほどの温かさです、2月の末にはこの梅の花も散ってしまうのでは

ないでしょうか。梅が終わると、春は急速に進みサンシュウ、ハナモモ、モクレンそして桜、、、花を追いかける人は忙しくなります。



山田池梅林9



山田池梅林3


nikon d300 af-s dx nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6
大阪府枚方市山田池南町 山田池梅林



コメント:0 トラックバック:0

もう開花時期

2017/02/16(Thu) 00:00
今年初めて山田池梅林を訪れてみました。見たところほぼ満開に近い状態。マンサクの咲き具合を見るつもりだったのですが

蕾硬しで例年より逆、梅の方が先行しては開花していました。お蔭でカメラマンもほとんど見かけずにゆっくり撮影を楽しみました。



山田池梅林1



山田池梅林2


nikon d300 dx af-s nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6 / tokina 100mm macro f:2.8 raw
大阪府枚方市山田池南町  山田池公園梅林



コメント:0 トラックバック:0

青谷の梅

2016/03/11(Fri) 00:00
一万本の白梅が咲く京都府最大の青谷梅林、梅の実生産量は京都一を誇ります。

観賞を主とする「梅苑」ではなく「梅畑」で丘陵地帯にあり、里山に囲まれた素朴な景観が何となく心地よいです。



aodani01.jpg



aodani02.jpg



PENTAX K-x AF-TAMRON 18-200mmXR DiⅡ
京都府城陽市中  青谷梅林


コメント:0 トラックバック:0

オールドレンズで(2)

2016/03/07(Mon) 00:00
焦点距離105mmのレンズはm4/3では35mm換算210mmということになり、かなりの「望遠レンズ」といえます。ファインダーのない

このカメラは液晶モニターでのマニュアルフォーカスとなって、ピント合わせが極めて難しいです。特に手持ち撮影時液晶モニターの

部分拡大にすると、僅かの動きが大きくなって物凄くピント合わせが難しくなります。これも写真撮影の楽しさということでしょうか。



梅林01



梅林02


OLYMPUS E-PL1 Ai micro-Nikkor 105mm f:4 × Rayqual NF-m4/3
大阪府枚方市山田池公園  梅林にて



コメント:0 トラックバック:0

盆梅展(2)

2016/02/20(Sat) 00:00
およそ90鉢の盆梅が展示され、ひとつひとつが丁寧に手入れされた素晴らしい作品で見応えがあります。花付き、枝ぶり、幹の肌や形

などそこには「自然の風景」を映し出す芸術作品といえるしょうか。和室の室内なので三脚使用不可、光源も主にタングステンと外から

の自然光のミックスされたライティングなのでホワイトバランスはオートで撮っていますが、紅梅の色彩が不自然になってしまいました。


長浜盆梅05



長浜盆梅06



PENTAX K-x AF TAMRON 18-200mm XR DiⅡ F:3.5-6.3
滋賀県長浜市港町2-5  慶雲館


コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター