PhotoBlog いつもカメラを持って

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

響きは初夏へ

2017/05/13(Sat) 00:00
五月中旬は春と夏の境目、所謂季節的には初夏といえるでしょうか。新緑の緑が色を濃くして渓谷の滝の音が、心に

優しく響いて涼しく感じさせてくれます。巡る季節はもう夏に差し掛かっているのか、涼を求めたくなる今日この頃です。



赤目渓谷02



赤目渓谷01



nikon d300 af-s nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6
三重県名張市赤目町  赤目渓谷



スポンサーサイト
渓谷 コメント:2 トラックバック:0

渓流を歩く (2)

2016/12/15(Thu) 20:56
渓流沿いの途中には、モミジなのかまだ彩りを残した樹林帯を通ります。ちょっとした深山幽谷の様相で嬉しくなり、

山歩きの気分です。今頃はすっかり葉を落とし絨毯のように枯葉で覆われて、初冬風景に変わっていることでしょう。


瑠璃渓06



瑠璃渓07



nikon d300 af-s dx nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6g
京都府南丹市園部町  府立るり渓自然公園


渓谷 コメント:0 トラックバック:0

渓流を歩く

2016/12/13(Tue) 20:00
規模の小さな渓流が沢山あるのですが、落差の大きな滝は見かけない「るり渓」です。そのかわり渓谷沿いの

遊歩道は緩やかな傾斜で気楽に歩けるハイキングコース、のんびりと秋風景を探しながら撮影が楽しめました。


瑠璃渓04



瑠璃渓05



sony nex-5 e 18-55mm oss f:3.5-5.6
京都府南丹市園部町  府立るり渓自然公園


渓谷 コメント:0 トラックバック:0

川下り

2016/12/11(Sun) 20:00
秋の一日を川下りで過ごし癒される平和なひと時、舟客にとって至福の時間。みんな表情が満足感に溢れています。


嵐山07



nikon f3 af nikkor 28-105mm f:3.5-4.5d kodak sg400
京都市右京区嵯峨小倉山 保津川左岸沿い


渓谷 コメント:0 トラックバック:0

秋景 (10)

2016/12/07(Wed) 20:22
渡月橋から保津川を遡ると両岸が迫って川幅が狭くなった辺りは、嵐山の喧噪が嘘のような静かさです。

亀岡から下ってきた保津川下りの急流も終わり流れが静かです。観光客は緊張感を解き穏やか表情に変わります。



嵐峡(秋)01



嵐峡(秋)02


nikon d300 af-s dx nikkor 18-300mm ed vr f:3.5-5.6
京都市西京区嵐山元禄山町 保津峡



渓谷 コメント:0 トラックバック:0

秋景 (3)

2016/11/19(Sat) 20:00
快晴に気をよくして宇治川ラインを遡り大峰橋まで行ってきました。まだ紅葉は浅いようですが、風が止むとダム湖(天ヶ瀬ダム)は

鏡のように辺りの風景を映していました。この吊り橋は向こう岸に渡って直ぐに行き止まりの不思議な橋ですが景色は山深い趣きがあります。



宇治川ライン04



宇治川ライン02



pentax k-x af tamron 18-200mmxr di2 f3.5-5.6 pl
京都府宇治市、綴喜郡宇治田原町 境界線付近 天ヶ瀬ダム湖(宇治川ライン)



渓谷 コメント:0 トラックバック:0

梓川 (3)

2016/10/11(Tue) 20:00
梓川右岸沿いから眺めた穂高の威容です。梓川の清流の彼方に好天の下、くっきりと浮かぶ荘厳な穂高連峰。ジャンダルム辺り

だろうか噴煙のような雲がアクセントとなって目を惹きつける。吊尾根の向こうの涸沢は、もう紅葉に彩られているに違いない。



梓川03



pentax 645 smcpentax-a 200mm f:4 fuji rvp
長野県松本市安曇 上高地


渓谷 コメント:0 トラックバック:0

梓川 (2)

2016/10/09(Sun) 20:00
多かった人々も夕刻になると疎らとなり、陽が山影に沈むと辺りは藍色の景色に染まり始める。梓川の川面が

辺りの風景に溶け込んで僅かに空の明かりを映している。やがて上高地の一日が、静かに終わろうとしている。


梓川01



pentax 645 smcpentax645-a 75mm f:2.8 fuji rvp
長野県松本市安曇 上高地河童橋から


渓谷 コメント:0 トラックバック:0

梓川

2016/10/07(Fri) 20:23
上高地を流れる梓川の清流は増水時も濁ることはなく、いつも透明といわれ観光客や岳人の目を惹きつけます。

北アルプスの穂高岳や槍ヶ岳を源流として自然林に囲まれ、下界では絶対見ることはできない美しい清流です。


梓川02



pentax 645 smcpentax645-a 75mm f:2.8 fuji rvp
長野県松本市安曇 上高地


渓谷 コメント:2 トラックバック:0

初秋乗鞍 (3)

2016/09/17(Sat) 20:00
マイカーで行ける最高地点、三本滝駐車場から約1.7kmのウォーキングコースを行くと三本滝に至ります。この滝は三本の沢から落ちて

三本滝を形成し一か所で一望できる滝。この滝に至る途中、吊り橋が掛かった標高約1800m辺りに位置する渓流も見どころです。



乗鞍高原11




乗鞍高原12



nikon d300 af dx nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6
長野県松本市安曇 乗鞍高原




渓谷 コメント:0 トラックバック:0

保津峡秋景

2015/11/24(Tue) 00:00
京都の今年の紅葉(モミジ)は色づきが悪いようです。あのモミジの真っ赤な色になる前に枯れ落ちてしまうのが目立っています。

近年にない不作のようですが、それでも人出は益々増えていますね。嵐山のような有名どころは平日の早朝でないとゆっくりとは

いきません。保津川下りの定番写真ですが今年の秋ではありません。フィルム時代の画像ですが今もこの風景は変わりはないです。


保津峡01



PENTAX Mz-3 SIGMA 28-105mm UC-Ⅲ F:3.5-5.6 KODAK GS400
京都市右京区嵯峨亀ノ尾町  保津川


渓谷 コメント:0 トラックバック:0

番所大滝

2015/09/13(Sun) 08:38
標高1248mに位置する乗鞍高原の番所大滝、落差40m幅15mですが真正面に展望台があってかなりの迫力を感じます。乗鞍高原には

他に「三本滝」「善五郎の滝」とこの「番所大滝」とそれぞれ表情の異なる豪快な三滝が楽しめます。まだ紅葉には少しばかり

早いですが、あと一か月もすれば素晴らしい紅葉と滝に巡り合えそうですね。その時にはまた訪ねてみたいです。


乗鞍高原の滝01



乗鞍高原の滝02



Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mmED VR F:3.5-5.6
長野県松本市安曇  乗鞍高原


渓谷 コメント:0 トラックバック:0

渓流

2015/06/20(Sat) 21:00
普段は大聖寺川が造る渓谷の清流が、梅雨の雨が続いたのかかなりの増水で流れが早くなっていました。

山中温泉に流れる渓流「鶴仙渓」の遊歩道からは、増水した流れを真近に見ることができ迫力がありました。



渓流02



渓流05



Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mmED VR F:3.5-5.6
石川県加賀市山中温泉  鶴仙渓


渓谷 コメント:0 トラックバック:0

秋景-吊り橋と紅葉

2014/12/04(Thu) 00:06

十一月最後の日曜日、宇治川上流辺りの紅葉風景を訪ねました。天ヶ瀬ダムを過ぎて上流へ向かうと両岸に山が

せり出し、その自然林が紅葉の盛りを迎えていました。天ヶ瀬ダムから約3km付近に「大峰橋」の吊り橋が懸かって

います。この橋を渡って対岸にいっても道がないという不思議な橋ですが、辺りの山腹が鮮やかな彩りを見せていました。



261130宇治川周辺05



261130宇治川周辺12



OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO 14-42mm F:3.5-5.6
京都府綴喜郡宇治田原町高尾   宇治川ライン  (26.11.30撮)

渓谷 コメント:0 トラックバック:0

赤目渓谷

2013/12/24(Tue) 00:00
落葉に埋まりそうな赤目渓谷、渓流の音だけが辺りに響く。

秋が去って冬が来り、厳冬期にはこの流れも凍りつくのだろうか、、、。


赤目渓谷01



Nikon D300 AF-S DX Nikkor18-200mmED VR F3.5-5.6
三重県名張市赤目町 赤目渓谷


渓谷 コメント:2 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター