PhotoBlog いつもカメラを持って

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

城石垣(彦根城)

2017/09/20(Wed) 00:00
石垣の規模は大きい方ではないですが、彦根城中堀の石垣は松とマッチして、時代劇のワンシーンのような風景です。

彦根城博物館横から坂を上ってゆくと、天秤櫓の積み上げた石垣が見事な力強い直線のラインを描いて迫力を感じます。


彦根2



彦根1



sony nex-5 e 18-55mm f:3.5-5.6 oss
滋賀県彦根市金亀町1-1  彦根城



スポンサーサイト
史跡 コメント:0 トラックバック:0

日本庭園-好古園 (2)

2017/09/16(Sat) 00:00
日本庭園の池には必ずといってもいいほど錦鯉が飼われていますが、ここ「好古園」にも沢山悠然と泳いでいます。日本庭園のような落着ついた

景色には欠かせないのが錦鯉でしょうか。見ていて飽きないし、カメラを向けていくら撮っても満足できなくてメモリーを浪費してしまいます。


姫路好古園03



姫路好古園04


sony nex-5 nikkor 28-105mm f:3.5-4.5d pl + rayqul nf-sαe
兵庫県姫路市本町 姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」




史跡 コメント:0 トラックバック:0

日本庭園-好古園

2017/09/14(Thu) 00:00
「好古園」は姫路城西御屋敷跡に造られた約1万坪の池泉回遊式日本庭園。九つの趣の異なる庭園群で構成され、姫路城内濠の

西側にあり夫々の庭園や築地塀、屋敷門などを散策できるようになっています。ここも姫路城同様外国人観光客が圧倒的に多いです。



姫路好古園01



姫路好古園02



sony nex-5 nikkor 28-105mm f:3.5-4.5d rayqul nf-sαe pl
兵庫県姫路市本町  姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」


史跡 コメント:0 トラックバック:0

美術館と姫路城

2017/09/12(Tue) 00:00
ここは世界文化遺産・国宝姫路城と国登録有形文化財の赤レンガ美術館(姫路市立)を、同時に眺めることできる景勝地です。

姫路公園の一角ですが姫路城から少し離れているだけで、観光客も少なくお城の帰りには寄ってみる価値はあると思います。



姫路城b


姫路城c



sony nex-5 nikkor 28-105mm F:3.5-5.6d + rayqul nf-sαe
兵庫県姫路市本町  姫路公園(市立美術館辺り)


史跡 コメント:0 トラックバック:0

秋めいた午前と猛暑の午後

2017/08/31(Thu) 00:00
名古屋城に入場した午前11時頃の空、ちょっと秋めいた爽やかな感じの雲が真っ直ぐのびていました。8月も下旬まだ残暑が厳しいですが、

空は澄んだ綺麗な秋模様です。エアコンが快適な城内から外へ出た午後、そこはまた猛暑の夏日、秋めいた雲が夏雲に変わっていました。



名古屋03



名古屋08




olympus epl-1 m.zuiko 14-42mm f:3.5-5.6pl
pentax k-x af tamron 18-200mm xr di2 f:3.5-5.6 pl
名古屋市中区本丸1-1  名古屋城




史跡 コメント:0 トラックバック:0

雨のち晴れ

2017/08/17(Thu) 00:00
平成の大修理を終えた後の姫路城を訪れました。大通りを北へ約20分で城に到着、急に天気が崩れ驟雨に遭うも観光客が沢山訪れていました。

城内は大半が外国人観光客の長い行列、雨上りの蒸暑さに閉口しながらの見学でしたが、帰りには青空の下純白に輝く姫路城を拝むことができました。



姫路02



姫路02b



sony nex-5 e 18-55mm f:3.5-5.6 oss
兵庫県姫路市本町  姫路城


史跡 コメント:0 トラックバック:0

錦鯉

2017/03/26(Sun) 00:00
二月下旬に訪れた後楽園は梅林以外は色彩が乏しい冬景色でした。あの美しい芝生が赤茶け、所によっては芝焼きの

痕跡を残し黒々とした風情で、この名園も時期を失すると寂しい風景でした。ただ池の錦鯉だけは華やかに輝いていました。



錦鯉(後楽園)02



錦鯉(後楽園)01



nikon d300 af-s nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6
岡山県岡山市北区後楽園1-5  





史跡 コメント:0 トラックバック:0

倉敷アイビースクエア

2017/03/06(Mon) 00:00
倉敷アイビースクエアのシンボルである赤レンガと蔦(アイビー)。この赤レンガと蔦は「健康的な労働環境を」という信念の基に「夏は赤レン

ガに覆い茂り暑さから守り、冬は落葉して外気をあて内部の温度調節を果たしている」とのこと。それにしても赤レンガはに温もりがありますね。


倉敷03



倉敷02



nikon d300 af-s nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6
岡山県倉敷市本町  アイビースクエア


史跡 コメント:0 トラックバック:0

黄昏の竹田城址

2015/12/16(Wed) 00:00
黄昏迫る竹田城址の晩秋風景です。訪れる観光客もまばらで静かな佇まい、石垣は当時の山城の雰囲気が漂っています。現在の

竹田城址はこんな静かな風景ではなさそうですね。2010年11月に撮影したものなのですが、当時のブログにUPする機会無く眠って

いた蔵出し作品です。当時は実に静かなところで知名度も高くなかった竹田城址、夕暮れの頃は人影も疎らでゆっくりと見れました。



黄昏の竹田城址01



黄昏の竹田城址03



Nikon D300 AF-S DX Nikkor18-200mmED VR
兵庫県朝来市和田山町竹田古城山 竹田城址天守台から


史跡 コメント:0 トラックバック:0

京都カメラ散歩-大楠木

2015/01/08(Thu) 00:00
今回の散歩コースは京都市美術館前から神宮道を南へ青蓮院門跡、知恩院、円山公園、ねねの道、高台寺、

石塀の道、八坂の塔、建仁寺、花見小路、祇園白川から白川沿いに岡崎へ戻る約6kmのコースです。

三が日が明けてもまだまだ初詣客も多くて、賑わう京都の街に久しぶりのカメラ散歩は心を和ませてくれました。


くすの木(京都)01



くすの木(京都)02


Sony NEX-5 E18-55 F:3.5-5.6 OSS
京都市東山区栗田口三条坊町  青蓮院門跡の大楠木



史跡 コメント:0 トラックバック:0

秋景-宇治興聖寺(2)

2014/11/14(Fri) 00:00
宇治興聖寺は観光寺院ではなく、禅寺らしく清掃が行き届き端正で厳粛な佇まいです。

参道の「琴坂」は所々紅葉したモミジが見られますが、11月下旬から12月上旬が見頃でしょう。


秋景(興聖寺)01



秋景(興聖寺)06


OLYMPUS EPL-1 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F:3.5-5.6 / SIGMA UC ZOOM 70-200mm F:4-5.6 + RAYQUAL NF-M4/3
京都府宇治市宇治山田 仏徳山興聖寺(14.11.11撮)

史跡 コメント:0 トラックバック:0

秋景-宇治興聖寺

2014/11/12(Wed) 00:00
宇治川の畔から山門に至る緩やかな坂道は「琴坂」と呼ばれている参道です。参道両側には

モミジの古木が茂り、赤く染まると見事な「紅葉のトンネル」となります。この日の「琴坂」は

まだ緑が多く「緑のトンネル」でしたが、それでも所々紅葉したモミジが彩りを添えていました。


秋景(興聖寺)02



秋景(興聖寺)05



OLYMPUS EPL-1 SIGMA UC ZOOM 70-200mm F:4-5.6 + RAYQUAL NF-M4/3
京都府宇治市宇治山田 仏徳山興聖寺(14.11.11撮)


史跡 コメント:0 トラックバック:0

秋景-南禅寺三門(2)

2014/11/10(Mon) 07:15
前回に続き南禅寺三門の秋景、いつ見ても三門の太い柱が圧巻です。

 南禅寺11



南禅寺08


Nikon D300 AF DX Nikkor 18-200mmED VR F:3.5-5.6
京都市左京区南禅寺福地町  (14/11/6撮)


史跡 コメント:0 トラックバック:0

秋景-南禅寺三門

2014/11/08(Sat) 00:02
歌舞伎「楼門三五桐」で石川五右衛門の名台詞「絶景かな、絶景かな、、、」で知られる南禅寺三門。

南禅寺辺りは紅葉時期は観光客で大変混雑しますが、今の時期まだ青葉が多く本格的な紅葉は二週間

ぐらい先でしょうか。それでも桜や欅の彩りが鮮やかです。今は人出もまだ疎らでゆっくり撮影が楽しめます。



南禅寺03



南禅寺12



Nikon D300 AF DX Nikkor 18-200mmED VR F:3.5-5.6
京都市左京区南禅寺福地町  (14/11/6撮)

史跡 コメント:2 トラックバック:0

城下町-出石

2014/11/02(Sun) 00:04
今回のドライブの最終目的地は城下町出石町。途中伊根の舟屋群、カマヤ海岸、丹後松島などで時間を要してしまい

竹野海岸の「立岩」には立ち寄らず出石町まで直行となりました。秋の陽は短く午後3時まえに到着、夕刻が近いように

陽が傾きかけていました。ゆっくり撮影散策とはいかず、気ぜわしく名物の「皿そば」を食して帰途につきました。



出石03



出石01



PENTAX K-x AF TAMRON 18-200mmXR DiⅡ PL
兵庫県豊岡市出石町

史跡 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター