PhotoBlog いつもカメラを持って

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

春到来

2017/03/20(Mon) 00:00
季節は巡って寒い冬も終息に向かい、春の到来を感じさせるこの頃です。ソメイヨシノもあと10日前後で開花時期を迎えそうです。

花の写真を撮るカメラマンはこれからホントに忙しくなりますね。特に桜は開花から1週間が目安、綿密な計画を立てなければ、、。


ネコヤナギ
ネコヤナギ02



雪割草
ユキワリソウ01



nikon d70s af-s nikkor 18-70mm f:3.5-4.5
京都市左京区下鴨半木町  府立植物園



スポンサーサイト
山野草 コメント:0 トラックバック:0

エビネ

2015/04/22(Wed) 00:00
毎年春になると地中からにょきにょきと芽を伸ばし、蕾を沢山付け4月中旬頃に開花します。

見頃になった今、カメラに収めておきました。実は連れがいつも見頃になると切り花にしたり、

仏壇の供花にしてしまうからです。今年は切り取られる前に早めに撮っておきました。



エビネ08



エビネ05



エビネ07



SONY NEX-5 E 18-55mm F:3.5-5.6 / Tokina 100mmMACRO F:2.8
我が家の庭

山野草 コメント:0 トラックバック:0

雪割草

2015/03/19(Thu) 00:00

雪割草の二鉢が今年も咲いてくれました。所属する園芸クラブの山野草を育てている会員から譲って

いただいて今年は4年目ですが、他の二鉢は2年まえに残念ながら枯らしてしまいました。残ったこの

二鉢が今手元に残っているわけですが、今年は特に花数も多く可憐な姿を見せてくれて癒されています。



雪割草01



雪割草04



雪割草05



SONY NEX-5 Tokina AT-X AF100mmMACRO F:2.8 + RAYQUAL NF-SαE
我が家の庭にて

山野草 コメント:0 トラックバック:0

秋の気配

2014/09/13(Sat) 00:00
九月も半ばに差し掛かりまだ夏の名残りも感じますが、あたりを見まわたすと確実に秋が近づい

ています。今日の空は澄んだ天高い秋の空でした。もう彼岸花も咲き始めたようです。萩、ススキ、

フヨウ、百日紅、吾亦紅、シュウメイギク、紫式部など夏から秋にかけて、今咲き競っていますね。


秋の気配01



秋の気配03



秋の気配02



Nikon D300 AF-S DX Nikkor 18-200mmED VR F:3.5-5.6
京都府木津川市加茂町
山野草 コメント:0 トラックバック:0

フィルムカメラ(18)-カノコユリ

2013/09/07(Sat) 00:02
この時期(8月下旬)カメラを持って植物園を歩いたのですが、なにも撮るものが無かったです。

園内は閑散としてあまり人と出逢わず、時折俄雨に合い撮影意欲が無くなりかけたとき、咲き残りの

カノコユリに出会いました。ひっそりと佇み、夏を惜しむかのように最後の優美な姿で揺れていました。



カノコユリ02



カノコユリ03



Nikon F3 AF Nikkor 20mm F2.8 Kodak SG400
京都市左京区下鴨半木町 府立植物園


山野草 コメント:0 トラックバック:0

ノゲイトウ

2013/07/01(Mon) 00:01
ノゲイトウ(野鶏頭)・・・ヒユ科ケイトウ属の一年草。花色は淡いピンクから

濃い赤紫色でロウソクの炎のような形をしています。植物公園の花壇の一角に

植えられていました。まだ子どもなのでしょうか、細くて風に揺れ可愛いです。


250628ケイトウ03



250628ケイトウ02



Pentax K-x TAMRON SP 90mm Macro F2.5
京都府宇治市広野町  宇治植物公園 25.6.28

山野草 コメント:2 トラックバック:0

シモツケ

2013/06/05(Wed) 07:35
梅雨時期に淡い紅色の花を咲かせる「シモツケ」。種類は多く、日本では約12種類あるといわれています。

同じような名前で「シモツケソウ」との違いは、「シモツケソウ」は草の種類で「シモツケ」は木の種類

だそうです。咲く時期は少し違いますが「ユキヤナギ」や「コデマリ」は同じバラ科シモツケ属の仲間です。



250602シモツケ04



NikonD300 AF-S DX Nikkor 18-200mmED VR
滋賀県草津市 琵琶湖烏丸半島  25.6.2

山野草 コメント:0 トラックバック:0

マルバウツギ

2013/05/12(Sun) 00:00
マルバウツギを知ったのは10年ほど前、場所はやはりこの植物園でした。純白な花弁を広げても1㎝ぐらい

の小さな花、その清楚で可憐な姿が印象に残りました。ウツギの仲間でも上を向いて咲くのはマルバウツギ

だけらしい。花弁を上に広げて、雄しべの先の黄色いポイントが弾けるようなその姿はほんと可愛いですね。



250509マルバウツギ01




250509マルバウツギ02



250509マルバウツギ03



NikonD300 Tokina AT-X AF 100mm MACRO F2.8 IF
京都市左京区下鴨半木町  府立植物園  25.5.9


山野草 コメント:0 トラックバック:0

我家の花

2013/05/06(Mon) 00:00
雨も上がり、我家の庭に咲く花にカメラを向けてみました。

オダマキは鉢植え、セッコクはへゴ板に着生させています、エビネは地植えです。

鉢植え以外は全く手が掛からず、毎年春が来ると咲いてくれます。



オダマキ
250503オダマキ01


セッコク
250503セッコク01


エビネ
250503エビネ02





OLYMPUS E-PL1 / Ai Micro-Nikkor 105mm F4 + RAYQUAL NF-4/3
我家の庭にて  25.5.3

山野草 コメント:2 トラックバック:0

雪割草

2013/03/06(Wed) 00:05
昨年地域の園芸クラブで山野草を育てている友人から頂いた雪割草です。今年咲く確率は

50%ぐらいと聞いていたので、蕾が開いた時の喜びは格別ですね。可憐で清楚な姿形は、

心を和らげ癒してくれます。もう一鉢のほうはまだ小さな蕾ですが、紅色かかった花のようです。


250304雪割草05



250304雪割草06



250304雪割草04



SONY NEX-5 smc PENTAX-M 50mm F1.4 + REAR CONVERTER K T6-2× + RAYQUAL PK-SaE
我家にて  H25.3.4(撮)

山野草 コメント:0 トラックバック:0

風蘭

2012/08/10(Fri) 00:00
我が家の風蘭が清楚で可憐な花を咲かせています。花姿の美しさと甘い香りがなんとも言えませんね。

「風蘭」の名の由来は、開花した白い花が風にゆらゆらと揺れて、風の蘭と呼ばれているそうです。

また、風蘭の甘い香りが風に乗って運ばれるのも「風蘭」の名前が相応しいからでしょうか、、、。




フウラン01




フウラン02




フウラン04



OLYMPUS E-PL1 AF NIKKOR 28-105mm 1:3.5-4.5D
H24.8.9 我が家にて

山野草 コメント:0 トラックバック:0

ワタスゲ

2012/07/11(Wed) 00:00
ある夏の日の栂池自然園、梅雨が明けたにも関わらず、時折小雨が降るうっとおしい天気。

ワタスゲが雨で綿のようではなく白い団子みたいだった。それでも湿原に群生するワタスゲの

光景は素晴らしく今も印象に残っている。フィルムカメラで撮っていた頃の懐かしい写真です。



栂池高原(夏)02




栂池高原(夏)04




栂池高原(夏)05



NikonF4 AF Nikkor 28-105mm F3.5-5.6 RDP2
長野県北安曇郡小谷村 栂池自然園

山野草 コメント:2 トラックバック:0

羽蝶蘭咲く

2012/07/05(Thu) 00:00
数年前、山野草愛好家の友人から頂いた羽蝶蘭(ウチョウラン)ですが、今年は

咲きっぷりのよい花を付けてくれました。このようなラン科植物に特別な興味も

あまりなく詳しくないのですが、綺麗に咲いてくれるとやはりうれしいですね。


羽蝶蘭02



羽蝶蘭01



羽蝶蘭03



OLYMPUS E-PL1 M.ZUIKO14-42mm
AF MICRO Nikkor60mm F2.8+NF4/3(RAYQUAL)
H24.7.3 我が家にて

山野草 コメント:2 トラックバック:0

小さな秋

2011/10/14(Fri) 00:00
秋の午後、柔らかい光が草叢をうっすらと照らす。

ススキやエノコログサの穂が、秋の光を浴びて風に揺れている。


秋日和07



秋日和06




OLYMPUS E-PL1 zoomNikkor28-105mm+NF-M4/3
H23.10.12 京都府八幡市上津屋 木津川堤防





山野草 コメント:0 トラックバック:0

カノコユリ

2010/08/21(Sat) 08:22
コオニユリは自生しているのをよく見かけるが、カノコユリはあまり見かけない。

どうも環境省の絶滅危惧2類に指定されていて、その数が減っているらしい。

カノコユリが京都府立植物園に咲いていたのをデジタルカメラに撮ることができた。

花は下を向いて咲き「鹿の子模様」が艶やか、花弁が反り返っている姿がまことに可憐である。



カノコユリc



カノコユリb



カノコユリa



NikonD70s AF-S Nikkor VR18~200mmED
H22.8.16 京都市左京区下鴨半木町 京都府立植物園



山野草 コメント:4 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター