PhotoBlog いつもカメラを持って

2018 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

花筏

2018/04/18(Wed) 00:00
花の命は短いと申しますが今年はその言葉を実感をしました。潔いというのか咲いたと思ったらあっという間に満開、そして

あっという間に花吹雪となり散っていきました。花の儚い命は散り際も花弁を水辺に浮かべて最後の美しさを見せてくれました。


花筏05



花筏07



nikon d300 nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6g
京都市左京区岡崎  岡崎疎水


スポンサーサイト
コメント:2 トラックバック:0

新緑色に

2018/04/16(Mon) 00:00
周りの木々はもうすで新緑色に彩られ始めています。季節は想像を超える速さで進んでいるようです。

石清水八幡宮の境内に咲く満開のソメイヨシノ、花見客もあまり見かけず辺りは静寂に包まれています。



サクラ(石清水)01



nikon d300 nikkor 18-200mm ed vr f:3.5-5.6g pl
京都府八幡市 石清水八幡宮


コメント:0 トラックバック:0

ヤマザクラ (2)

2018/04/10(Tue) 00:00
吉野山から移植されたといわれるこのヤマザクラは、保津峡右岸の山腹に見事に咲き誇っています。嵐山公園亀山地区の

展望台からは眼下に保津峡の川下りの船なども一望できますが、何といっても対岸の満開のヤマザクラが素晴らしいです。



山桜(嵐山)01



山桜(嵐山)03



nikon f4 nikkor 80-200mm ed f:2.8 pl fuji rvp
京都市西京区嵐山   保津峡右岸山腹のヤマザクラ






コメント:2 トラックバック:0

ヤマザクラ

2018/04/08(Sun) 14:00
ソメイヨシノと違ってこのヤマザクラの姿形が優雅で上品な感じがします。「花の吉野山」といわれるサクラは

ほとんどがこのヤマザクラといわれています。葉と花びらが同時に芽生えてくるのが特徴として挙げられるようです。



京都御苑06a



京都御苑04a



nikon d300 af-s nikkor 18-200mm ed vr g f:3.5-5.6
京都市上京区京都御苑  


コメント:0 トラックバック:0

背割堤の桜並木 (2)

2018/04/06(Fri) 16:00
今年の桜は咲くのが早かったけれど、散るのも早いですね。撮り貯めも沢山あるのでもう少しUPを続けたい

と思います。まだ山間部などはこれからという所もあるので、まだあきらめず桜を追っかる気になっています。



背割堤3



背割堤5



pentax k-x af tamron 18-200mm xr di2 pl
京都府八幡市  背割堤


コメント:2 トラックバック:0

背割堤の桜並木

2018/04/04(Wed) 18:00
木津川と宇治川に挟まれた背割堤の桜並木、全長1.4km 250本の桜はスケールの大きさでは他に類を見ないほど、

桜一本一本の樹が背が高くて巨木なんです。近年人気が高く平日でも人出が多く、撮影には早朝からがお勧めです。



背割堤a



背割堤2



pentax k-x af tamron 18-200mm xr di2 f:3.5-5.6 pl
京都府八幡市  背割堤の桜並木


コメント:0 トラックバック:0

夕映えのサクラ (2)

2018/04/03(Tue) 00:00
今年は満開時期の花を散らす雨や強風がなく晴天続きの天候に恵まれました。平凡な身の周りにある

サクラでも、ライトアップではない日没寸前の陽に照らされ紅く映えて見違えるような姿を見せてくれました。



大住の桜10a



大住の桜12a



olympus epl-1 m.zuiko 14-42mm f:3.5-5.6
京都府京田辺市大住  虚空蔵谷川、大住ケ丘緑道


コメント:0 トラックバック:0

夕映えのサクラ

2018/04/01(Sun) 00:00
日が沈みかけると色温度が下がり、太陽光が赤みを帯びて花弁が紅色に染まり始める。東の蒼空には月がくっきりと浮かぶ。

満開とはいえないサクラも夕日に映えて、月と花と空のコントラストを古いミラーレスカメラとレンズでよく捉えてくれました。



大住の桜08_edited-1



大住の桜11_edited-2



olympas epl-1 m.zuiko 14-42mm f:3.5-5.6
京都府京田辺市大住 虚空蔵谷川、大住ケ丘緑道


コメント:0 トラックバック:0

枝垂桜 (2)

2018/03/30(Fri) 09:49
シダレザクラはソメイヨシノのような豪華な華やかさはないが、上品で優雅な姿は見ていて心が和みます。

寺院の境内に植えられているため、樹の下で飲酒飲食して騒ぐ人もなく静かな雰囲気でサクラを楽しめます。


地蔵禅院02



nikon d300 af-s nikkor 18-200mm ed vr g f:3.5-5.6 dx
京都府綴喜郡井手町  地蔵禅院


コメント:0 トラックバック:0

お花見日和

2018/03/28(Wed) 00:00
ソメイヨシノの開花宣言のあった京都御苑も早咲きのシダレザクラがもう見頃を迎えていました。この日は日曜日とあって

人出が多く、それぞれ「お花見日和」を楽しまれていました。ようやく本格的な春の訪れ、次々と咲きだす花の季節です。


京都御苑06



京都御苑05



pentax k-x af tamron 18-200mm xr di2 f:3.5-5.6 pl
京都市上京区  京都御苑


コメント:0 トラックバック:0

枝垂桜

2018/03/26(Mon) 00:00
井出町の山麓にある高台の地蔵禅院のシダレザクラ。眼下には遥かに生駒連山も望め見晴らしがいいところです。樹齢280年と

いわれ京都府天然記念物にも指定されている。だが近年樹勢が衰え土壌改良などの延命治療が行われているようです。


枝垂桜01




pentax k-x af tamron 18-200mm xr di2
京都府綴喜郡井出町   地蔵禅院


コメント:0 トラックバック:0

咲き始め

2018/03/24(Sat) 00:00
小さな川の両岸のサクラ並木、ようやく綻び始めた花びらがとても可愛い。古いミラーレスを持って開花状況を兼ねた散歩。

戻り冬のような天候で常に風が吹き、綻んだ花びらが振動して止まらない。風が一瞬止まるのを待つ、根気との勝負です。



サクラ開花02



サクラ開花01



olympus epl-1 m.zuiko 14-42mm f:3.5-5.6
京都府京田辺市大住  虚空蔵谷川


コメント:0 トラックバック:0

里ザクラ - 交流の森にて

2017/04/29(Sat) 00:00
「山村都市交流の森」は京都市中からはかなり山の中、ここも新緑が始まりかけていました。アウトドア用施設と駐車場もあり川のせせらぎを

聞きながら、休日にはバーベキューなどを楽しむ所なのでしょうか。桜も植えられ北山杉を背景に里ザクラが鮮やかに咲いていました。


春色(花脊)c



春色(花脊)d



pentax k-x tamron 18-200mm xr di2 f:3.5-5.6
京都市左京区花脊八桝町 「花脊山村都市交流の森」


  
コメント:2 トラックバック:0

山里にひっそりと咲く

2017/04/27(Thu) 00:00
京の町は桜の季節がとっくに終わっていますが、北山方面の花脊峠を越えた山里や広河原辺りにはまだまだ桜が咲いています。

地元の人以外はあまり人目に触れず、ひっそりと川辺に咲いていたりする姿に、強い生命力と自然の繊細さを感じさせてくれます。



春色(花脊)a



春色(花脊)b


pentax k-x tamron 18-200mm xr di2 f:3.5-5.6 
京都市左京区花脊八桝町  「花脊山村都市交流の森」辺り

コメント:0 トラックバック:0

優雅さ一番の枝垂桜

2017/04/21(Fri) 00:00
京都御所北側の近衛邸址には優雅な枝垂桜が多く、中でも池の傍の華麗な「シダレイトザクラ」はソメイヨシノよりも早く咲き始め

一足早く花見が楽しめます。また近衛邸中央の垣根のなかに咲く枝垂桜は、姿形の優雅さは一番でしょうか私のお気に入りです。


京都御苑03



京都御苑02



penyax k-x tamron 18-200mm xr di2 f:3.5-6.3 pl
京都市上京区京都御苑  近衛邸址の枝垂桜


コメント:2 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

tyuusan

Author:tyuusan
カメラを持って(ときにはフィルムカメラも)素敵な風景を求め、彼方此方歩き回っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター